【ブログ】伊勢・京都出張の記録②~京都取材編

2020年12月18日

こんにちは!入社したて(12月入社)のAです。Aちゃんって呼んでね。
私、Aは入社前に12月3日から6日にかけての伊勢・京都出張に参加させていただいたのですが、多くの良い経験と入社前に沢山の人と知り合える貴重な経験が出来ましたので、その時の様子などお届けいたします!
前回の記事は【ブログ】伊勢・京都出張の記録①~伊勢参拝編から読んでね。

【村上開新堂カフェ】


京都で一番古い洋菓子店。とても年季の入った建物の奥に和モダンなカフェがあります。
とても美味しくてかわいい和菓子を頂きました。紅茶もとても美味しかったです。

【通りすがりのスポット】


本能寺ホテルと池田屋、どちらも暗殺を連想させるスポットですよね。本能寺がまさかホテルになってしまったなんて驚きです。もちろん元の本能寺も存在していますよ!笑
池田屋事件は尊皇攘夷派浪士たちが新選組に襲撃されたものなんですが、大河ドラマを見ていたAはとても興味深かったです。

【ラ・ボンバンス祇園】


ラ・ボンバンス祇園にて一汁三菜ランチを頂きました。綺麗な店内に素敵なウエイターのお兄さん。
Aは少し緊張しながら「銀鱈のチリソース」を注文しました。
とても美味しく、食べきれない程のボリューム感でお腹いっぱいになりました。味噌汁もあおさがたっぷり!

【南禅寺】

先程のお昼ご飯を頂いた場所から徒歩30分程。南禅寺に訪れました。
中はとても広くて見所が沢山!少し抜粋してお届けしますね。

先ずは水道橋を訪れました。とても写真映えするスポットなので沢山の人だかり。
この場所、Aは修学旅行で訪れた以来なので色々思い出して懐かしい気持ちになりました。

また方丈にも入りました。とても歴史を感じる屏風や美しい枯山水が印象に残っています。
余談ですが冬は足がとても冷えるので、入口付近にあるスリッパを活用することをお勧めします。

【喫茶ソワレ】


青い照明が印象的な店内。女性が一番美しく見える照明とされているらしく、昔からお見合いの会場として利用されているんだって。

【かね正】


夕ご飯は錦糸卵が乗った鰻の丼が食べられるかね正で頂きました。
かなり奥まったところにある隠れ家的な名店。少し手狭な店内はお客さんで賑わっていました。
鰻が美味しいのは勿論のこと、卵との相性もばっちり!黒七味をかけても良し。

この日歩いた歩数はなんと18,049歩!!
昨日よりは少ないものの、かなり歩いた1日でした。
京都取材をご一緒したお二方ともおしゃべり出来てとても充実した1日でした!

【ブログ】伊勢・京都出張の記録③~京都取材編 へつづく